2021年 5月 11日 (火)

酒井法子が「マンモスうれぴー」芸能界復帰 八代弁護士「『介護の仕事』どうなった?」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「彼女はこれしか生きる道がないんだから」とエールも

   また、TBS系の「サンデー・ジャポン」では、医師の西川史子さんが、

「(保釈直後の)最初の会見の時の方が、きれいでしたよね。今よりも」
「なんか、普通になっちゃった。あんまり攻撃する気もなくなっちゃった」

と切り捨てたのに始まり、元裁判官で弁護士の八代英輝さんは、

「メディア関係者と警察官、教師というのは、普通の人が報じられないような微罪でも報じられる。それは、その職業に対する責任と、世間からの信頼が非常に大きいから。酒井さんは、(捜査から)逃げていましたよね?裁判の前には、介護の仕事に就くって言っていましたよね。そういう風にして言を左右して刑を軽くしてもらって、最終的に芸能界に戻りやすいから戻ってくる、みたいなことだと…」

と、芸能人という職業の社会的責任の重さを強調しながら、介護の勉強を放棄する形で芸能界復帰を決めたことを批判した。

   一方、テリー伊藤さんは

「彼女はこれしか生きる道がないんだから、頑張ってもらいたい」

と、酒井さんにエールを送っていた。

   芸能人に対する激しい批判をすることも多い和田アキ子さんも、批判を避けた。「アッコにおまかせ!」の中で、和田さんは

「(復帰は)舞台からやんないと…。見に行きたい人がお金を出して見ればいいので、テレビとかだとスポンサーの関係もあるし…大変だと思いますよ。舞台終わったら映画とかね」

と、酒井さんの今後の厳しさをおもんぱかりながら、

「出てきてここで仕事されたのはいいから、これから彼女がどうするか。自分自身で。それから頑張ればいいことだから、ちょっと、今は何とも言えないんじゃないですか?」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中