2018年 10月 16日 (火)

釜石の煮込みホルモン人気店が場所を移し復活!【岩手・矢巾発】

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
news_p155233_1.jpg

アリティーヴィーの高野です。

寒さを感じる季節になってまいりました。

みなさん、体調など崩されてないでしょうか?

今回はこれからの寒い時期にぴったりの「煮込みホルモン」を紹介します。

news_p155233_2.jpg

こちらは、岩手県紫波郡矢巾町にある持ち帰り専門店「新来軒」の「煮込みホルモン」。

味噌、醤油、ニンニクが効いていて、更に辛さもあと引くクセになる味。

元々は釜石市内で食堂を営んでいましたが、東日本大震災の津波によってお店も自宅も全壊。

「もう一度復活させて欲しい」「あの味をもう一度」

そんなお客さんの声と、今まで築いた繋がりや支えがあって、岡本夫妻は、昨年の12月場所を内陸の紫波郡矢巾町に移し再開を果たしました。

news_p155233_3.jpg

現在は煮込みホルモンの持ち帰り専門店として商売されています。

news_p155233_4.jpg

毎週水曜と木曜は定休日。

しかし、木曜日はここで作られたホルモンを、釜石まで配達しているんだそうです。

「代表の家にドンと持って行って配ってもらったり、各家々や仮設住宅に配達するんです。」

新来軒の釜石ホルモンは瞬く間にクチコミで広がり、ほぼ昼前には完売してしまうほどの盛況ぶり。

予約もこんなに入っているんです。

news_p155233_5.jpg
news_p155233_6.jpg

「釜石でも待っていてくれるお客さんがいる、盛岡や矢巾の人たちもこの味を受け入れてくれてホッとしている。」

そう語ってくれたのはご主人 岡本誠さん。

news_p155233_7.jpg

震災によって、今まで使っていた醤油や味噌が手に入らず、再開に向けて別のもので試作を重ね、やっと元の味に遜色ない煮込みホルモンが完成したんだそうです。

news_p155233_8.jpg

「津波で何もかもなくなっちゃいましたからね。でも逆に何でも出来るんですよ。これからは、ここでオヤジの作った煮込みホルモンを作り続けます。」


宅配も出来るそうなので、遠方の方でもこの煮込みホルモンの味を堪能できますよ!!

一度食べたら病みつきになること間違いなし!!

岡本夫妻の愛情と、絆が生んだ「煮込みホルモン」是非味わってみてください。

■新来軒
〒028-3621
岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢第10地割509-6
問い合わせ 090-4043-4640
定休日 水曜・木曜
営業時間 11:00~19:00 ※売り切れ次第終了

仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...