経団連米倉会長、安倍氏の金融緩和論に「無鉄砲」

印刷

   経団連の米倉弘昌会長は2012年11月26日の会見で、自民党の安倍晋三総裁が金融緩和論を強めていることについて「無鉄砲」と異例の批判を展開した。安倍氏が建設国債を日銀が引き受けるべきだと主張していることについても、「日本国債への国際的な信用問題に発展しかねない。世界各国で『禁じ手』とされている政策をやるのは無謀」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中