「公約は直させた」 石原氏「30年代までに原発ゼロ」撤回

印刷

   日本維新の会の石原慎太郎代表は2012年11月30日、東京・内幸町の日本記者クラブで行われた党首討論会で、11月29日に発表したばかりの公約に「既設の原発は30年代までにフェードアウト(消失)」と盛り込まれていることについて、「公約は直させた」と撤回する考えを示した。

   記者が

「『フェードアウト』という維新の政策は、石原さんの意に沿わない政策ってことですか?」

と聞くと、石原氏は驚いた様子で

「フェードアウトって、どういうことですか」

と逆質問。記者が

「フェードアウトってのは消滅です。それは石原さん、維新の会の公約に書いてあるんですよ?」

と説明すると、石原氏は

「それは違います。公約は直させました」

と話し、

「直ってませんから、直させてください」(記者)
「分かりました」(石原氏)

と、異例のやりとりが続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中