2018年 7月 21日 (土)

スマホ出荷台数、2014年にガラケー逆転へ

印刷

   市場調査などを行う矢野経済研究所は2012年12月10日、「世界のスマートフォン・タブレットに関する調査結果 2012」を発表した。

   12年の世界のスマートフォンとフィーチャーフォン(従来型携帯電話)の合計出荷台数は前年比9.3%増の16億5890万台で、内訳はフィーチャーフォンが前年比8.1%減の9億5890万台、スマートフォンが47.7%増の7億台と予測される。スマートフォンは新興国や途上国でも低価格端末を中心に需要が拡大しており、14年にはフィーチャーフォンの出荷台数を逆転する見通しだ。

   12年の世界のタブレット出荷台数は1億1180万台と予測される。15年には2億3780万台の出荷台数が見込まれており、ノートブックPCの出荷台数を上回ると見ている。

   調査は12年7月から10月にかけて、国内外の携帯電話・スマートフォンメーカーなどに面談、電話、メールによりヒアリングと文献を用いて行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中