共同記者、南京で暴行受ける

印刷

   中国江蘇省南京市で2012年12月13日、南京事件から75年の追悼式典を取材していた共同通信記者が、中国人に蹴られるなどの暴行を受けた。

   式典後に記者がパソコンで記事を書いていた際、20代とみられる男に突然腰を蹴り上げられ、さらに別の中年男が「お前は日本人か」と叫んで記者のマフラーを引っ張るなどした。記者に外傷はないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中