時事通信、衆院選用テストデータが流出

印刷

   時事通信社が衆院選の開票速報向けに作成していたテストデータが、一時期ネット上の掲示板で見られる状態になっていたことが明らかになった。テストデータは、全国の選挙区での仮定の当落結果や得票数を打ち込んだもの。2012年12月11日に作成したテストページのURLが、12月12日夜になって「2ちゃんねる」上に投稿され、誰でも見られる状態になっていた。時事通信社では外部からの指摘を受けて12月13日にページを削除した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中