2021年 4月 18日 (日)

「自民の改憲草案はナチスの全権委任法と同じ」 アジカン後藤、学者の意見引用して主張

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2012年12月の衆院選は自民党の大勝に終わり、主にインターネット上で安倍新政権への期待の声が高まっている。

   自民党の公約の目玉の1つが「憲法改正」だ。草案では「国防軍を保持する」「緊急事態には内閣に特別な権限が与えられる」などが規定されているが、これにミュージシャンが異議を唱えている。

2年前の「自民が徴兵制検討」記事に「デマならいいけど…」

   ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)」でボーカル&ギターを務める後藤正文さん(36)は12年12月15日、衆院選投票日の前日に「これデマなのかな?」という一言とともに、10年3月の共同通信の「自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ」という記事のURLをツイートした。

   「2010年の記事だよ」と指摘を受けると、「過去にはそういう事実があるってことでしょう?」と返した。他のユーザーからも、大島理森氏の「わが党が徴兵制を検討することはない」という正式なコメントが出ているという指摘を受けたが、「デマならいいんです」と返答した。

   後藤さんのツイートに対し「みんな知らずに投票してたら大変!」「気になる改憲草案ですね…」など賛同といえる意見も寄せられたが、「デマ記事をツイートするなんて軽率」「投票日前の不正確情報は悪質」といった批判もあった。

   後藤さんはこれを受け、12月18日、「お詫び」というタイトルのブログを更新し、「感情的だった」と反省した。しかし依然として改憲案を「怖い」と思っており、その理由を長々と書いている。

   後藤さんは、「自衛隊が国防軍に改称されて、軍隊として位置づけられる」「自衛権の発動、つまり交戦権が明記される」「天賦人権説を改めるということは、人権は国が規定するということか」「憲法改正へのハードルが下がり、政権与党が圧倒的な支持を受けている場合戦前のような状態にならないか」という点で改憲案におそれを抱いているらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中