2018年 7月 22日 (日)

内柴被告に懲役5年求刑 「性道徳感覚は完全に破綻」

印刷

   九州看護福祉大の女子柔道部員に性的な暴行をしたとして、準強姦罪に問われた同大の元コーチでアテネ・北京五輪の柔道金メダリスト、内柴正人被告(34)の論告求刑公判が2012年12月26日、東京地裁であり、検察側は懲役5年を求刑した。

   検察は論告で「性道徳に対する感覚は完全に破綻している」「信頼を裏切った悪質で身勝手な犯行」と内柴被告を批判した。

   内柴被告は、女子部員と性的関係を持ったことを認めたうえで、「合意の上だった」と無罪を主張している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中