国交省、三菱自動車に立ち入り検査 リコール問題で

印刷

   国土交通省は、三菱自動車がリコール(回収・無償修理)に消極的だった問題で2012年12月25日、道路運送車両法に基づき、同社東京本社(東京・港区)やリコール対応を統括する品質統括本部(愛知県岡崎市)、販売店を技術面でサポートするテクニカルセンター、全国の販売店など9か所を立ち入り検査した。

   検査は約40人態勢で実施。三菱自動車が提出した調査報告書の妥当性や改善策の取り組み状況などを詳しく調べる。

   同社は「立ち入り検査に全面的に協力するとともに、再発防止策を着実に実行する」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中