じぶん銀行「ウォン預金」2月から開始

印刷

   インターネット専用のモバイル・バンクの「じぶん銀行」は、韓国通貨のウォン建て外貨預金の取り扱いを2013年2月中旬から開始すると、1月7日に発表した。

   じぶん銀行はこれまで米ドル、ユーロ、豪ドル、人民元の4通貨の外貨預金を取り扱ってきた。韓国ウォンの取り扱い開始にあわせて、ブラジル・レアルや南アフリカ・ランド、ニュージーランド・ドルの3通貨も新たに外貨預金の対象に加える。

   ただし、韓国ウォンの取り扱いは普通預金のみ。ブラジル・レアルなどは普通預金と定期預金を取り扱う。それぞれ、為替手数料がかかる。

   じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが出資するモバイル・バンク。なお、国内でのウォン預金は、韓国の新韓銀行の在日支店の業務を譲り受けて営業を開始したSBJ銀行がすでに取り扱っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中