日産、米国にEV「リーフ」廉価モデル投入

印刷

   日産自動車は、米国で現地生産を開始する電気自動車(EV)の「リーフ」を、従来の価格から大幅に引き下げて販売する。2013年1月14日に開幕した北米国際自動車ショーで明らかにした。新たに2万8800ドル(約260万円)の廉価モデル「リーフS」を投入する。

   リーフの2012年の世界販売台数は前年比22%増の2万6973台で、当初見込んでいた50%増を大きく下回った。米国市場では、円高の進行で価格が高くなるなど販売が伸び悩んでおり、テコ入れする。

   カルロス・ゴーン社長は、価格引き下げなどでリーフの2013年の世界販売は「少なくとも20%増える」との見通しを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中