2018年 7月 22日 (日)

シャープ、レノボと提携へ 中国・南京の液晶テレビ工場売却を協議

印刷

   シャープは中国のパソコン最大手、レノボ・グループ(聯想集団)と液晶テレビ事業で提携する方向で最終調整に入っている。2013年1月17日付の日本経済新聞社などが報じた。中国・南京市にある液晶テレビの組み立て工場をレノボに売却することで協議している。そのうえで、開発と販売をそれぞれ手がける別の子会社に、レノボから出資を受けて合弁事業に切り替える。

   シャープは経営再建計画で、南京工場とメキシコ工場、マレーシア工場の3つの液晶テレビの組み立て工場の売却を検討している。メキシコ工場は台湾のホンハイ(鴻海精密工業)と交渉中。マレーシア工場の売却については、電子機器の受託製造サービス(EMS)大手で台湾のウィストロン(緯創資通)と交渉している。

   南京とマレーシア工場の売却額は計300億円前後になるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中