2020年 12月 1日 (火)

出会い系の金銭被害は取り戻せるのか 739万円使って「出会えなかった」主婦のケース

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   「話し相手になってくれれば3000万円を援助します」――出会い系サイトから送られてきたそんなメールを信じ、出合うための利用料計739万円を振り込んだ30代の主婦が、運営会社を青森地裁に訴えた。

   第一回の口頭弁論が2013年1月16日に弘前支部で行われ、出廷した運営会社の前社長が被害金額を返金したい、と述べたとの報道があり、ネットでは「出会い系サイト被害者にとって朗報だ」などと話題になっている。

サイトの前社長が謝罪し「返金を前提に話し合いたい」

   この事件は2012年6月、女性の携帯電話に出会い系サイトからメールが入った。家族全てを事故で失ったという男性からメッセージが来ている、というもので、「話し相手になってくれれば3000万円を援助します」と書かれていたという。

   女性は男性と直接連絡を取るため、サイトの使用料の「ポイント」を購入し続け、結果的に12年6月から翌月の7月20日まで計11回、出会い系会社が指定した振込先に739万円を振り込んだ。しかし、男性と連絡は取れなかった。

   女性は、東京にあるサイト運営会社と当時の社長に対し、約812万円の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こし13年1月16日に第一回の口頭弁論が行われた。サイトの運営会社の当時の社長が出廷し、「自分はこうしたことが行われたことは知らないが、女性がお金を実際に振り込んでいた記録が見つかった」として謝罪、「返金を前提に話し合いたい」と述べた。

   ネットではこのニュースに、出会い系で被害を受けている人は多いものの、殆どは泣き寝入り状態だったため、「被害者によって朗報だ!」などと盛り上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中