中国、米長官に「言動慎め」 尖閣問題で不満表明

印刷

   中国外務省の秦剛報道官は2013年1月20日、クリントン米国務長官が尖閣諸島を念頭に「日本の施政権を損なういかなる行為にも反対する」と中国を強くけん制したことについて、「強烈な不満と断固たる反対を表明する」とする談話を発表した。談話では、日中間が緊迫しているのは「日本が挑発行為をエスカレートいることが原因」など主張。米国に対しては、沖縄返還の際に尖閣諸島の帰属をあいまいにしたことを念頭に「米国は逃れられない歴史上の責任を負っている」「言動を慎むべき」と批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中