みんな・渡辺代表が「維新との合流はない」と批判

印刷

   みんなの党は2013年1月27日、東京都内のホテルで党大会を開き、日本維新の会との合流を巡って渡辺喜美代表は「ありえない。信頼関係が崩れている」と否定した。また「われわれは増税凍結、原発ゼロと言っているが、維新は太陽の党と合流して分からなくなった」と述べた。

   一方、みんなの党は2013年の運動方針として、夏の参院選での「自民、公明両党での過半数阻止」を決めた。渡辺代表は、参院選での維新との選挙協力については「1~3人区を中心に調整を進めたい」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中