2018年 7月 23日 (月)

「超小型車」の認定制度を導入 国交省

印刷

   国土交通省は、軽自動車より小さい1~2人乗りの「超小型車」が公道を走れるようにする認定制度を導入した。2013年2月1日から、事業を実施する企業や導入を希望する地方自治体などの申請を受け付けている。

   超小型車は長さや幅、高さが軽自動車より小さいものとし、ガソリンのエンジンは排気量125cc以下と定めている。高齢者や子育て中の母親が住まいの近くを移動する手段として期待されている。

   第1弾の申請締め切りは2月20日で、国交省が安全性や導入効果などを審査する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中