2019年 1月 23日 (水)

キングコング西野「芸人交換日記ちっとも面白くない」 鈴木おさむが逆襲、すぐに「すみませんでした」

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣さん(32)のツイッターでの暴言が止まらない。2013年2月5日、自身のツイッターで構成作家鈴木おさむさん(40)の原作小説「芸人交換日記~イエローハーツの物語~」を「ちっとも面白くない」などと唐突に攻撃した。

   しかし、数時間後にすぐさま謝罪。暴言ツイートを繰り返す西野さんに、もはや炎上目的ではないかとネットでは冷めた見方が広まっている。

食ってかかって即謝罪のお決まりパターン?

   「芸人交換日記」は鈴木おさむさんが2009年に雑誌連載した小説で、売れないお笑いコンビが日々の思いを交換日記でつづるというあらすじだ。

   雨上がり決死隊の宮迫博之さんやネプチューンの堀内健さんら多くの先輩芸人が出演して舞台化されたほか、2013年3月にはウッチャンナンチャンの内村光良さんが監督となり、俳優の伊藤淳史さんや小出恵介さん、長澤まさみさんが出演する映画の公開が予定されている。

   この人気作品に西野さんは

「『芸人交換日記』なんて、ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」

と突然、食ってかかった。

   このツイートを発見した鈴木おさむさんから「僕の書いた物をいくら批判していただいてもいいですが、『都合よくのっかる芸人』って誰のことを言ってるんですかね?この言い方は、正直悲しいです、、、」と意見が寄せられた。

   すると西野さんは「たしかに、おっしゃる通りです。すぎました。本当にすみません」とあっけなく謝罪。

   ほかのユーザーからも批判を受けて、「面白そうだから鈴木おさむさんに噛みついてやろうかと思ったけど、誤解しか生まない噛み方だったな。下品でした。反省しております。お騒がせして申し訳ございませんでした」と釈明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中