2022年 5月 27日 (金)

久々TV出演も「スカウトの手」挙がらず 元Wink鈴木早智子厳しい復活への道

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   芸能活動を自粛していたアイドルユニット「Wink」の元メンバー・鈴木早智子さん(43)が、久々のテレビ出演を果たした。

   しかし結果は悲惨なもので、歌を披露しレコード会社との契約を目指したが、スカウトの手は挙がらず。視聴者の声も厳しかった。鈴木さんはここから歌手として復活を遂げることはできるだろうか。

活動自粛期間は「生きながらに死んでた」

   鈴木さんが出演したのは、2013年2月5日放送の「スター☆ドラフト会議」(日本テレビ系)。この番組は「スターになりたい」という人が出演し、テレビ番組のプロデューサーや芸能プロダクションのマネージャーら業界関係者がスカウトマンとして、「うちで使いたいか、使えないか」というジャッジを下すオーディション番組だ。

   「CD再デビューをかけレコ大受賞歌手が2年半ぶりにTV登場」との触れ込みで現れた鈴木さんは、Winkとして活動していた頃よりかなり痩せて見えた。

   元々歌が好きで芸能活動を始め、1988年にWinkとしてデビュー。以後全日本有線放送大賞グランプリ、日本レコード大賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも出場するなど順調に活動を続けてきたが、96年に突然Winkが活動停止、レコード会社との契約も切られた。鈴木さんは地道に活動を続けるも露出が減っていき、さらに2010年に俳優との不倫騒動を起こしたことで芸能活動自粛に追い込まれてしまった。

   自粛期間について鈴木さんは「(最初の)1年は、生きながらに死んでた」「ストレスがすごい溜まっちゃってて、家に入院してる感じ」「自分のこの精神状態では、もう芸能界で仕事できないかなとか。引きこもりに近かったですね」「一時期声が全く出なくなった」と振り返り、波乱の人生を送ってきたことを明かした。

   しかしこのままではだめだと思い、「リハビリ」としてカラオケボックスに通ってなるべく声を出すようにした。徐々に歌えるようになり、「やっぱり歌が好きだから、もう一度やれるところまで挑戦してみよう」と決意したという。

   番組では「歌詞が自分の人生に重なった」という中森明菜さんの「帰省~Never Forget~」という歌を披露。鈴木さんの歌声を聞いて、ゲストの劇団ひとりさんは「歌声に2年半の苦しさ、辛さが感じられた」、マツコデラックスさんは「明菜とさっちん(編注:鈴木さんのあだ名)が重なって…よかったです」と評価した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中