リクルート創業者江副浩正氏死去 未公開株事件で政財界揺るがす

印刷

   リクルート(現・リクルートホールディングス)創業者で、社長・会長などを務めた江副浩正氏が2013年2月8日、都内の病院で死去した。76歳。

   1960年、のちのリクルートとなる大学新聞広告社を創業、経営者として成功を収めた。しかし88年、関連会社の未公開株を政治家・官僚などに配った「リクルート事件」が発覚、89年に逮捕され、03年に執行猶予付きで実刑判決が下った。その後は財団法人「江副育英会」を主宰し、若手音楽家の育成やコンサートの興業などに携わった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中