義足のランナー、恋人射殺容疑で逮捕 南ア

印刷

   両足義足の陸上スプリンターとしてパラリンピックにも出場経験のある南アフリカのオスカー・ピストリウス選手(26)が2013年2月14日、恋人の女性さんを射殺した疑いで警察に逮捕された。地元メディアなどが伝えた。

   ピストリウス容疑者は「誤って撃った」と話しているという。

   報道では、被害者の女性がバレンタインデーに合わせてピストリウス容疑者を驚かせようとして訪問し、強盗と間違われて撃たれたとの見方が出ている。一方で、地元警察は以前から2人の間にトラブルがあった可能性も示唆しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中