2019年 12月 12日 (木)

遠隔操作事件でえん罪の可能性訴える 江川紹子の弁護士インタビューが注目集める

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   遠隔操作ウイルス事件を担当する佐藤博史弁護士が、ジャーナリストの江川紹子さんによるインタビュー取材で、えん罪の可能性を訴えたことが反響を呼んでいる。

   佐藤博史弁護士は、えん罪が判明した足利事件を担当したことで知られる。そのインタビューは、ヤフー・ニュースのコラム「江川紹子の『あれやこれや』」で2013年2月19日、その日のうちに載った。

猫に首輪の証拠迫ると、警察・検察は沈黙

江川さんは補足ツイート
江川さんは補足ツイート

   コラムでは、佐藤弁護士がインタビューに対し、マイクロSDカードを付けた首輪を猫に着けたとされる1月3日に、片山祐輔容疑者(30)が江の島の現場に行ったと言っているとは認めた。しかし、4、5匹の猫と接触して、写真を10~15枚撮っただけと話したといい、疑問に思った佐藤弁護士は接見後、取調官に決定的な証拠を示してほしいと迫った。

   すると、警察側は、「マスコミが勝手に書いているだけ」などと答えるに留まった。そこで、今度は検事に、本人が猫に首輪をつけたことを示すような防犯カメラの映像はないのではないかとただすと、沈黙するばかりだったという。

   警察は、片山容疑者を尾行して、猫を撮ったスマホを片山容疑者が1月中旬に売却すると、すぐに回収して写真を復元している。しかし、佐藤弁護士はインタビューで、警察が片山容疑者に見せた復元写真は、事件とは無関係なものばかりだったと指摘した。

   また、ウイルスのプログラミング言語は「C♯」だったが、片山容疑者はC♯は実行できるか確かめたことはあるものの、プログラムは書けないと佐藤弁護士に話したとした。録音・録画しないと取り調べに応じないとしているのは、それにもかかわらず警察がC♯を使えると調書を作っているからだと主張している。

   インタビューでは、最後にマスコミを批判し、最近はFBI捜査の話にすり替えられており、警察の情報操作に使われていると指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中