2019年 9月 21日 (土)

仕事命じたら部下が「ありがとうございます」 場面を問わず、こう口にする人意外に多い

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「すみません」連発が置き換わった?

   かつては、事あるごとに「すみません」を連発するケースが見られたようだが、あまりポジティブな印象を与えない言葉のためか、いつしか「ありがとう」に置き換わった可能性を長尾氏は指摘する。相手に不快な思いをさせない「便利な言葉」かもしれないが、「言葉は気持ちを伝えるツール。適切な場面でないのに連呼していると、その言葉が本来持つ『重み』が失われてしまいます」という。こうなると実際に感謝すべきシーンで「ありがとう」を使ったとき、相手に「本当にそう思っているのか」「また口癖で言っているだけでは」と、真剣さを疑われかねない。

   まるで条件反射のように「ありがとう」を口にするのは「改めた方がよいでしょう」と長尾氏。意識しないと直りにくいため、まずはそれぞれの場面に応じてどう返答するのがふさわしいか、ボキャブラリーを整理するのが大切のようだ。ひとりで考えても思い浮かばないので、周囲の人を観察しながら、最適な表現は何かを学びとるのが有効だという。身につけた言葉の意味合いを理解したうえで、状況に適した語句を使ってほしいとアドバイスする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中