2018年 7月 19日 (木)

「駆け込み退職」の281人を再任用 京都府

印刷

   京都府が、退職金引き下げ前の2013年2月末に「駆け込み退職」(早期退職)した教職員や警察官を含む481人のうち、少なくとも281人を再任用したと、3月2日付(朝刊)の読売新聞が報じた。再任用は3月の1か月間限定で、現役時代の約7割の給与が支払われる。

   京都府では、3月末に定年退職を迎える教員や警察官は772人のうち、半数以上の481人が2月末での退職を希望したことから、人員確保のため、他のポストから職員をシフトさせたり、3月の1か月間限定で再任用したりすることを検討していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中