「TPPは農業を壊滅させる」 JA会長、反対の意思を安倍首相に伝える

印刷

   全国農業協同組合中央会(JA全中)が2013年3月1日、環太平洋連携協定(TPP)に反対であることを安倍晋三首相に表明したと新聞各紙が報じた。

   それによると、JA全中の万歳章会長はこの日、首相官邸で安倍首相と会談した。その中で、万歳会長は、安倍首相がTPP交渉参加を表明したことに関して、「日本の農業を壊滅させてしまう」と自らの考えを改めて伝えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中