北海道、暴風雪で9人死亡

印刷

   発達した低気圧の影響で発生した猛吹雪の影響で、2013年3月4日午前までに、北海道内で9人の死亡が確認された。車に閉じ込められて一酸化炭素中毒死したり、凍死するなどした。中標津町の道道では、近くの宮下加津世さん(40)ら4人が乗った車が雪で身動きが取れなくなった。近くの人が119番通報したが、駆けつけたときには4人は心肺停止状態で、病院で死亡が確認された。車は雪に埋まった状態で、マフラーや窓がふさがれた結果、一酸化炭素中毒を起こしたとみられている。湧別町では、屋外で漁師の岡田幹男さん(53)が長女の夏音(なつね)さん(9)を抱きかかえた状態で発見された。幹男さんは死亡が確認されたが、夏音さんは一命を取りとめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中