全国の暴力団構成員数が8年連続減少、暴対法実施後で最少の6万人台

印刷

   警察庁は2012年末の時点で全国の暴力団の構成員(準構成員含む)は前年比7100人減の6万3200人になったと2013年3月7日に発表した。減少は8年連続で、1992年の暴力団対策法の施行以降で最少となった。

   同庁によると、構成員らの検挙事件数は前年比5614件減の4万8484件。検挙人数は前年比2130人減の2万4139人。そのうち覚せい剤取締法で6285人、窃盗で2794人、恐喝で1334人が検挙されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中