パソ・コン太郎さん引退、3年でギャラ36万円 売れない芸人「やっと解放されます」悲痛な声

印刷
「自分のお笑いの向いてなさに嫌になる日々からやっと解放されます。嬉しいなぁ」

   お笑いコンビ「背中バキボキズ」のパソ・コン太郎さん(30)が2013年3月1日、ブログで芸能界引退を表明した。

   時折テレビに出ることもあったが、ギャラは過去3年間でたった36万円。経済的に行き詰まり、お笑いの世界に遂に見切りをつけることになった。羽振りのいい吉本タレントが目立つ一方で、「売れない芸人生活」を控えめに語る悲痛な声に静かな波紋が広がっている。

ギャラの総額が養成所の学費にも届かない

   「背中バキボキズ」はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のパソ・コン太郎さんと茂木哲平さん(27)の2人組。養成所「東京NSC」の第15期生として卒業し、2010年から活動を始めた。

   背中バキボキズはパソ・コン太郎さんがパソコンのディスプレーの被り物をして、腕にキーボードをはめたパソコンと人間のハーフという設定で漫才をしていた。インパクトのある見た目からゴールデン番組にも何度か出演したものの、売れっ子芸人とは縁遠い生活だった。

   芸人を辞めると決めたのは半年ほど前だ。

「僕が作るものはスベるか、よくて苦笑い。だからボツになるか、原型をとどめないほど作りかえられるか。そして作ってもらったものの方がウケるんですよね」

とネタ作りの辛さをこぼす。

   また、「面白い事できないのも辛いけど、それ以上に、この世界では人付き合いが一番大切なので、人付き合い苦手な僕はかなり無理して辛かったです」とパソコン関連で先輩から頼まれごとを受けるのも負担になっていたという。「それでしょっちゅう怒られて、そのたびに自己嫌悪に陥って、すっかり人付き合い恐怖症になっちゃいました」。

   ネタ作りと人付き合いに行き詰まる一方で、子どもが生まれたため、子育てをする妻に代わってバイトで生活費を工面せねばならず、お笑いに集中できなかったと振り返っている。

   ブログの最後には「芸人パソ・コン太郎の通算成績(10年4月~13年3月)」として、これまでに出演したテレビ番組や舞台の本数を列挙。3年間のギャラ総額は36万7361円(1本当たり平均1945円)と打ち明けた。

   ツイッターで芸人仲間から養成所の費用40万円を稼ぐまで続けて欲しかったと言われたが、「あと3万3千円かー。ライブなら50本くらい出ないとかー」と力なく返答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中