空気清浄機 PM2.5不安などで39%急増 2月

印刷

   大気汚染が深刻な中国から日本に飛来する微小粒子状物質(PM2.5)への不安などを受けて、空気清浄器が売れている。全国の家電量販店を調査しているジーエフケイ マーケティングサービス ジャパン(GfKジャパン)によると、2013年2月の空気清浄機の販売台数は前年同月比39%増に急伸した。3月8日に同社が発表した。

   PM2.5への不安が深刻な近畿や中国、四国、九州地方では同54%増と大幅に増加した。加湿機能やイオン発生機能などを備えた製品が人気を集めている。花粉の飛散なども追い風となった。

   空気清浄機市場は、2009年の新型インフルエンザの流行や11年の東日本大震災後の健康意識の高まりを受けて順調に拡大。08年度には年間150万台程度だった市場規模は、11年度には250万台程度まで増加した。

   2013年も1月下旬から販売台数が右肩上がりで伸びており、今後も黄砂の飛来や花粉の飛散などを受けて、さらに伸びると予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中