2018年 7月 22日 (日)

フタ開けてみれば大盛り上がりのWBC 視聴率絶好調、超高額チケットも意外に人気

印刷

   現在東京ドームで2次ラウンドが行われているワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。3連覇の期待がかかる侍ジャパンだが、広島東洋カープに0-7の負けを喫するなど、1次ラウンド通過を不安視する声すらあった。しかし蓋を開けてみれば、キューバに負けた以外は連戦連勝、キューバを下したオランダ相手にコールド勝ちも決め、無事準決勝に進出した。

   野球ファンは大いに盛り上がっており、日本戦の中継はいずれも高い視聴率を記録している。さらに高額の当日券を購入して観戦する人も少なくないようだ。

台湾戦、オランダ戦は視聴率40%超える瞬間も

   2013年3月2日のブラジル戦、3日の中国戦はテレビ朝日系で中継され、それぞれ関東地区の平均視聴率が25.4%、23.2%。瞬間最高視聴率は35.5%、32.3%だった。TBS系で3月6日に中継されたキューバ戦も、平均視聴率は22.8%、瞬間最高は29.7%と高い数字だった。

   2次ラウンドでは、3月8日テレビ朝日系で放送の台湾戦が平均30.3%、瞬間最高43.0%。10日TBS系で放送のオランダ戦では平均34.4%、瞬間最高は44.6%という高記録だった。

   今回のWBCは、「チケットが高すぎる」という前評判もあった。福岡のヤフオク!ドームで開催された1次ラウンドの日本戦は4000円~1万4000円。東京ドームの2次ラウンドでは5000円~1万8000円という価格設定だ。インターネット上では「外野指定席で5000円もするって、誰が見に行くんだ」などとささやかれ、実際全試合で当日券が販売されている。

   しかし日本が勝ち進むにつれて「やはり現地で観戦したい」と思う人が増えていったようだ。テレビ中継を見る限り、3月8日の台湾戦は平日ということもあってか空席も目立っていたが、10日のオランダ戦は外野席はほぼ満員、内野もかなり埋まっているようだった。

金爆メンバーも18000円の当日券で観戦

   エアーバンド「ゴールデンボンバー(金爆)」の樽美酒(だるびっしゅ)研二さんは3月10日のブログで、いてもたってもいられず東京ドームに行ったことを報告している。「クソ高けぇーッ!!」と言いながらも指定席Sの当日券を1万8000円で購入して観戦したのだが、なんと同じ金爆メンバーの喜屋武(きゃん)豊さんと会場で出くわしたという。

   思い立って当日券で観戦しようという人はこの2人だけではない。ツイッターでは、「当日券はあるようだ。いつ行くの?今でしょ」「のりで当日券買った」「高い席だけ空いてたから衝動買いした」など、当日券を買って見に行ったという投稿が見られる。3月12日の日本戦についても、「明日のWBC当日券あり!良し行くか!」「12日、当日券あってくれ!」など、当日券で観戦する気満々の書き込みがある。

   なお、12日の当日券は10時から、東京ドーム22ゲート横当日券売り場で販売される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中