2019年 1月 17日 (木)

東大の推薦入試導入は「天下の愚策」とOB激怒 「東大生の品質保証は点数」「ガチンコ勝負がプライド」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京大学が推薦入試を導入するとの報道が出て、インターネット上で議論が起こっている。

   「東大生」は学力選抜により一定の質が担保されていたのに、推薦入試ではそれが失われてしまうと懸念する人が大方だが、少数ながら「大胆な試行で評価したい」と歓迎する人もいる。

OB「内申書とかコネとかじゃなくガチンコ勝負で門をくぐるのが東大生のプライド」

東大入試に推薦導入との報道が出ている
東大入試に推薦導入との報道が出ている

   報道をまとめると3年~5年後をめどに、二次試験の後期日程の筆記試験を廃止し、新たに内申書や調査書、面接を重視して合否を判定する推薦入試を導入するという。ただ、学力を担保するため、大学入試センター試験は一次選抜としてこれまでどおり実施するそうだ。

   東大が筆記試験なしの入試を実施するのは、戦時下をのぞいてはじめて。

   点数至上主義脱却の狙いがあり、後期への導入は布石で、前期試験への拡大も視野に入れていると伝えているところもある。

   報道について、東大の広報は「発表したものではなく、正確な情報とは言えない段階。ただ、推薦入試導入について検討を進めていることは事実で、なんらかの決定があり次第発表する」と話した。「すでに聞いていた話とも力点の置かれ方がやや違う」と本田由紀東大教授(教育学)もツイッターで違和感を示している。

   ただ、このニュースで、ネットに衝撃が走ったことは事実だ。OBなど関係者らを中心に持論をぶつ人が多く、ツイッターでは一時「推薦入試導入」がトレンド入りを果たした。

   大方は批判的なもので、伊東乾東大准教授(情報学環・学際情報学府)は、ツイッターでこう懸念を示す。

「天下の愚策と思う。毛色の変わった事を10年そこらやって、結局廃止になるだろう。というより廃止する側の先頭に自分がいる可能性もあると思う。点数『のため』の勉強は論外だが、点も取れなくなったら東大の品質保証は何がするのか?大学院なら大賛成だが学部は亡国の挙。私が東大入試の『推薦枠』に大いに疑問を持つのは、東大の二次試験が本当に良問で、また採点が殺人的に大変な細かい記述式を長年採用して、しっかりよい人材を取ることに毎年関係者が大変な精進をしている事実を念頭にそう思うのだ。つまるところ推薦は自分の入試の価値基準の自己否定のようなもの」

   また、「内申書とかコネとかじゃなくガチンコ勝負で門をくぐるのが東大生のプライドのはず…」と嘆いてみせるOBもいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中