2018年 7月 16日 (月)

風疹の患者、東京は同時期の50倍にも

印刷

   東京都内で2013年に風疹にかかった患者数が、合わせて762人と前年同時期の50倍に達したことが都感染症情報センターの調べで分かった。

   報道によると、すでに過去5年間で最も多かった12年1年間の672人を上回っているという。妊娠に感染すると胎児に障害が出る恐れがあるといい、同センターでは、注意を呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中