2019年 11月 12日 (火)

みんなの党議員の質問通告遅れに批判 霞ヶ関中に「無駄な待機」を強いる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国会議員が本会議や委員会で質問する時は、前日までに、答弁者に対して内容を通告することになっている。だが、この答弁の準備が霞ヶ関の官僚にとって悩みの種だ。遅くまで質問項目を通告してこない議員がいるため、どの省庁が答弁を作成するかも分からないまま、多くの省庁の官僚が無駄に夜遅くまで足止めされる結果になっている。

   官僚の側もさすがに我慢ならないようで、通告が遅れた議員のブログには、「早く質問を出してください!官僚にも家庭があります」といった恨み節ともとれるコメントが書き込まれ、炎上気味になるケースも出ている。

「オール霞ヶ関であなたの質問が出てくるのをずっと待っています」

議員の質問通告の遅さが霞ヶ関の悩みの種だ(写真は国会議員会館)
議員の質問通告の遅さが霞ヶ関の悩みの種だ(写真は国会議員会館)

   2013年3月12日夕方に衆院予算委員会で質問に立っていたのは、みんなの党の杉本和巳衆院議員(比例東海)。約20分間にわたって、原発警備への自衛隊の出動、北方領土の「ビザなし交流」、「1票の格差」について質問した。安倍晋三首相や小野寺五典防衛相が答弁し、平穏なやり取りに見えたが、杉本議員は何故か最後に

「すみません、通告していた大臣の方々、ご迷惑をかけました。申し訳ございませんでした」

と謝罪して質問を終えた。この背景には、杉本議員の質問の通告が大幅に遅れ、霞ヶ関の官僚に大きな負担をかけたことがあるようだ。杉本議員のブログのコメント欄がそれを裏付けている。

   杉本議員は3月8日の時点で、質問に立つ予定をブログに書いていた。質問前日の3月11日夜、コメント欄には相次いで批判コメントが寄せられた。20時46分には、

「こんなブログ書いてないでとっとと質問出して。税金の無駄遣いと闘いますとか言ってるけど、オール霞ヶ関であなたの質問が出てくるのをずっと待っています。あなただけですよ全然出てこないの」

と怒りの声。21時13分には、「某省」を名乗る人が

「早く質問を出してください!官僚にも家庭があります。あなたのために、家に帰れない役人が何百人といるのです」

と悲鳴にも近い書き込みをした。21時45分には、「役人です」と名乗る人が、

「無理やり絞り出さないと出ない質問なんて、パフォーマンスでしかない。霞が関中に無駄な待機を発生させて、それが政治主導なのですか」

と怒りをぶつけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中