2019年 8月 20日 (火)

iPhone5のLTEがイー・モバイルに「乗り入れ」 孫社長「つながりやすさ」で2時間の記者会見

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   「つながりやすさ」で攻勢を強めるソフトバンクモバイルが2013年3月21日、同社が買収したイー・モバイルの帯域を活用したサービスを新たに始めると発表した。ソフトバンクの次世代通信「LTE」対応端末は、2.1ギガヘルツの帯域を利用してきたが、イー・モバイルの1.7ギガヘルツ帯でも使えるようになる。

   あわせて、「つながりやすくなった」内容を細かく説明し、根拠に疑問を呈している一部メディアに反論した。ネットワークの「つながりやすさ」だけをテーマに2時間も記者会見が開かれるのは異例。

まずは池袋駅周辺でサービス開始

記者会見に臨む孫正義社長。ソフトバンクのiPhone5がイー・モバイルのLTEでも使えるようになる
記者会見に臨む孫正義社長。ソフトバンクのiPhone5がイー・モバイルのLTEでも使えるようになる

   新サービス「ダブルLTE」は3月21日、混雑が激しい都市部、特に池袋駅を中心とする山手線沿線で開始。現時点ではiPhone5、iPad mini、iPadのRetina ディスプレイモデルの3機種が対応している。

「1台のiPhone5が、どっち(のネットワーク)が混んでいるかをリアルタイムで捕捉しながら、混んでいない方につながる仕組み」(孫正義社長)

だといい、「ダブルLTE」対応機種の通信量(トラフィック)がイー・モバイルの帯域に移行することで、既存のソフトバンクの帯域の混雑が緩和されると説明している。

   孫社長は、イー・モバイル買収が通信状況の改善に果たした役割は「絶大」だとしながら、すでに周波数帯域が割り当てられているイー・モバイルを買収したことに対する批判については、

「イー・モバイルと交渉する前に、正式にKDDIが買収の申し込みをしていた。我々がアクションを起こさずにKDDIが起こしていれば、(イー・モバイルの帯域がKDDIに割り当てられることになり)電波の不公平さが、さらに広がっていた」

と反論した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中