2018年 5月 23日 (水)

神奈川県の「企業税」は違法 最高裁判決

印刷

   神奈川県が2001年、条例で独自に導入した「臨時特例企業税」が違法かどうかが争われた訴訟で、最高裁第1小法廷は2013年3月21日、2審の東京高裁判決を破棄し、「条例は地方税法に反する」として、県に対して原告のいすゞ自動車がこれまで納税した約19億円を全額返還するよう命じた。

   自治体の法定外税をめぐって最高裁が違法の判断を下したのは、今回が初めて。神奈川県は2001~08年度の間、法人事業税を減免されていた資本金5億円以上の企業に「企業税」を課税していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中