2018年 6月 24日 (日)

「キングコング解散」デマで大騒ぎ 西野の「するわけない」で落着

印刷

   「キングコングが解散する!?」―2013年3月20日、突如こんな情報がツイッターをかけめぐった。

   ツッコミの西野亮廣さん(32)が「するわけない」と否定したためデマだったとわかり、ファンはほっと胸をなでおろした。しかしなぜ、こんなデマが拡散されてしまったのだろうか。

キンコン西野「爺まで漫才を続けなけりゃ意味がない」

西野さんの解散否定ツイート
西野さんの解散否定ツイート

   発端となったのは、「ニュー速(嫌儲)スレタイ配信Bot」というアカウントが3月20日に投稿したこんなツイートだった。

「【速報】キングコング解散 人気お笑いコンビ『キングコング』電撃解散、結成14年目に幕。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(大阪市中央区)に所属する人気お笑いコンビ、キングコング(西野亮廣・梶原雄太)が、…」

   このツイートを見た人は、「え?まじなやつですか?」「えっマジ!?」「え!キンコン解散!」などと反応。ツイート自体も2000回近くリツイートされ、騒ぎとなった。

   西野さんあてにも「キンコンかいさんしませんよね?」とのツイートが届いたが、西野さんは20日のうちに、「するわけない。『爺がダブルピースで漫才を始めたら面白いね』ということで『イェイイェイ』をしているのですから、爺まで漫才を続けなけりゃ意味がない」(編注:キングコングは必ず漫才の始まりに2人でダブルピースしながら「イェイイェイ!」と言っている)とツイート、噂を否定しファンを安心させた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中