オリンパス粉飾決算で公認会計士に業務停止処分 金融庁

印刷

   金融庁は2013年3月22日、オリンパスの粉飾決算事件に関連して、事件当時同社を担当していた公認会計士の井坂俊達氏(43)に業務停止3か月の処分を下した。井坂氏はオリンパスが06年~08年にかけて買収した会社3社の企業価値の試算を依頼され、十分な財務情報が得られなかったにもかかわらず確認を怠って試算したとされる。この3社は、オリンパスの損失隠しに悪用されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中