橋下市長、労組会見にカチン 職員アンケート問題、方針一転

印刷

   大阪市が全職員に実施した組合活動についてのアンケートを、大阪府労働委員会(府労委)が「不当労働行為」と認定した問題をめぐり、橋下徹・大阪市長は2013年3月25日夕、命令を不服として、中央労働委員会への再審査申し立てなどを検討する考えを示した。

   橋下市長は同日朝の時点では、「大変申し訳なく思っている」として府労委の決定に従う姿勢を示していた。しかしその後、職員労組が記者会見で市長を激しく批判、これを受けて方針を一転させた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中