tenki.jp「PM2.5」予測始める 3日先までの分布を提供

印刷

   日本気象協会(東京・豊島区)が運営する天気情報サイト「tenki.jp」が2013年3月22日から、「PM2.5分布予測」を提供している。

   大気汚染の原因となる微小粒子状物質PM2.5の濃度を、地図上で7段階に色分けして表示する。独自の気象予測モデルSYNFOS、および米で開発が進む化学輸送モデルCMAQを採用、日本のほか、中国など東アジア地域をカバーした。予測は3時間ごとで、3日先のものまで閲覧可能だ。PC、スマートフォン向けに提供を行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中