NHK職員の給与1割削減へ 4月中旬正式決定

印刷

   NHKが、職員で作る日本放送労働組合(日放労)に提示していた、一般職員の基本給と賞与を5年間で1割削減する内容などを盛り込んだ給与制度改革案について、労使が2013年4月3日までに基本合意した。4月中旬に開かれる組合の中央委員会で正式決定する見通し。

   かねてから「職員の給料を受信料で賄っているのにこんなに高給なのはおかしい」などの批判があった。NHKは13年2月、平均約1185万円に達する職員給与削減の改革案を発表していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中