2018年 7月 23日 (月)

福島第1原発で汚染水漏れ 防水シート破損か

印刷

   東京電力は2013年4月5日深夜、福島第1原発で汚染水を保管している地下貯水槽から周囲の土壌に水漏れが起こったと発表した。水漏れを起こした貯水槽は、地面を掘り下げて3層の防水シートを敷いている。シートが破損して漏れた可能性がある。貯水槽の大きさは縦60メートル、横53メートルで深さ約6メートル。汚染水は120トン程度漏れたとみられるが、標高35メートル、海から内陸に800メートルの位置にあるため、海に流出した可能性は低いとみている。

   汚染水は1万3000トンが収容されており、4月6日未明に別の貯水槽に移送を始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中