2019年 9月 22日 (日)

「これ握って」、回転寿司で注文派が急増 回転レーン全廃、「回らない」店も出現

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   回転寿司をめぐる、興味深いデータが出た。最近はレーンで「回っている」寿司を取らず、店員に「注文して」好きな寿司を食べる人が多数派になっているという。

   マルハニチロホールディングス(東京・江東区)による調査では、回転寿司を1か月に1回以上利用する男女1000人に、「レーンを流れてくるネタ」と「注文して握ってもらうネタ」のどちらを多く食べるかを質問した。

全体の61.1%が「注文派」、特に関東に多い

お馴染みの回転寿司も最近は様変わり(イメージ)
お馴染みの回転寿司も最近は様変わり(イメージ)

   2013年3月27日発表されたその結果によれば、「注文の方が多い」「やや多い」と答えた「注文派」は、61.1%に上った。「回転派」は21.4%に留まっており、3倍近くの差をつけたことになる。

   男女別に見ると女性が65.2%と男性(57.0%)よりやや多い傾向があり、年代では50代が最も多かったが、20代でも61.8%と高い割合が出るなど、「注文派」は世代を問わず広がっている。年齢に地域では関東の68.6%に対し関西が53.6%と、かなり「東高西低」の様相を示した。

   実態を確かめてみた。東京・新宿のある回転寿司店。寿司をつまみながら周囲の客の様子を眺めていると、隣の席に座った大学生風の若い男性が、レーンを流れる皿を指差して店員に声をかけた。

「すいません、これなんですか?」
「ああ、『バチトロ』(バチマグロのトロ)ですね」
「へえー、じゃあ、それ握ってください」

   えっ、と思わず目を丸くした。目の前にあるのに注文? 見たところ握りたてのようで、鮮度もまだまだ高いようだが……しかし店員は当然のように注文を受け付け、間もなく件のバチトロが男性の前に運ばれた。この男性は結局1度も流れている皿は取らず、すべて注文で済ませていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中