2019年 7月 21日 (日)

再び昭和全盛期の活気を! サトウサンペイさんの代表作「フジ三太郎」電子書籍化される

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   上司をからかっても憎まれず、ちょっとエッチなダメ男。でも、庶民の気持ちを代弁する小さな正義漢。あの昭和全盛期の気分を体現した4コマ漫画「フジ三太郎」が電子書籍になって帰ってくる。題して「フジ三太郎とサトウサンペイ」全27巻。

   「フジ三太郎」は昭和40年(1965年)から平成3年(1991年)まで朝日新聞に連載されたサトウサンペイさんの代表作である。日本に再び、あの昭和の活気を吹き込んでくれればと、期待のキャラクター再出馬である。発行・発売元はジェイ・キャストで、2013年4月10日から主な電子書店で発売された。1巻350円。

電子書籍なりの良さを追求するというこだわりで編集、制作

「フジ三太郎とサトウサンペイ」第1巻の表紙
「フジ三太郎とサトウサンペイ」第1巻の表紙

   印刷物の書籍をそのままコピー、あるいは、印刷出版物を制作する過程でデジタル保存したデータを利用して電子書籍にする手法を取り入れることによって電子書籍が大量に生産されるようになった。編集作業を簡略化することで、早く、安価に制作できる。

   「フジ三太郎とサトウサンペイ」は若い読者層中心から年代のすそ野を広げ、大人が楽しめるよう企画された。既刊書籍をコピーするのではなく、電子書籍なりの良さを追求するというサトウサンペイさんのこだわりで編集、制作された。

   新聞に掲載された漫画は約8000点。ここからサンペイさんは分かりにくいもの、作品として残したくないものを振り落とし、数百点は吹き出しを変えたり、線を補強したり、短い解説を付けるなどして6300点を選び、今の時代でも楽しめる漫画シリーズにした。

   サンペイさんはデジタルに関して特別の思い入れがある。大ベストセラー「パソコンのパの字から」の著者でもある。

   印刷物書籍の流通では返品、絶版が避けられない。古書としては流通するが、紙は劣化する。その点、電子化すれば半永久的に流通することができる。今回、「フジ三太郎」の再刊、復刊ではなく、新たなる編集で永久保存にふさわしいものを残したいというのがサンペイさんの考えだ。それは、今も元気だとはいえ、80歳を過ぎた作家にとって超人的な挑戦だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中