株価続落、一時270円超下げ ボストンの爆発で一段安

印刷

   2013年4月16日の東京株式市場は日経平均株価が大幅続落ではじまり、一時271円20銭安の1万3004円46銭まで急落した。前日の欧米での株安の流れを引き継ぎ、幅広い銘柄で売りが優勢となっていた。加えて、米ボストンマラソンのゴール付近での爆発が、9.11のテロを連想させて投資家心理を冷やし、一段安を引き起こした。

   外国為替市場で円相場が1ドル96円台、1ユーロ126円台に上昇。これを受けて、輸出関連株に売りが広がっており、なかでもトヨタ自動車やホンダなどの下げが目立つ。また、三菱UFJやみずほFGなどの銀行株も大きく下げている。

   目先の利益をひとまず確定する売りが広がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中