2019年 11月 13日 (水)

離婚した澤村投手の「不倫・DV」報道 巨人、事実無根と文春・新潮に抗議

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・巨人の澤村拓一投手(25)がスピード離婚した背景に、不倫やDVがあったと文春や新潮が報じたことに、巨人側が事実無根だと抗議している。文春・新潮は、記事の誤りを認めておらず、譲らない構えだ。

   澤村拓一投手の離婚は、スポーツ紙が2013年4月13日に報じて発覚した。澤村投手はこの日、妻で元日本テレビアナウンサーの森麻季さん(32)とともに離婚を認めたが、理由については、報道でも明らかにされなかった。

妻の森麻季さんも不倫をしていた??

このツイートを受けた?
このツイートを受けた?

   このため、ネット上では様々な憶測が流れた。その後、18日発売の週刊文春と週刊新潮がその背景を伝える記事を書き、波紋が広がった。

   文春では、澤村投手が結婚して半年後の12年夏から秋にかけて、すでに不倫をしていたと指摘した。球団関係者の話として、巨人の先輩と合コンしたり、当時19歳の女子短大生とホテルに泊まったりしたとまで書いた。澤村投手が2軍落ちするなど不調になったのも、このころからだと指摘した。

   さらに、森さんが元同僚アナと不倫関係になり、澤村投手ともめていたことも書いている。

   一方、新潮は、澤村投手が森さんにDVを働いていたかに受け取れるような記事を書いた。澤村投手が夜のお付き合いをすることなどを巡って、森さんと夫婦げんかをしていたとし、12年秋には、森さんの顔に青あざができるまでになったとした。この行為は、森さんが離婚を切り出すきっかけになったという。

   これに対し、両誌の報道を事前に知った澤村投手は17日、ツイッターで反論に出た。「直接取材することもないのに、ない事ばかりを並べて記事にしてる人は可哀想だね。いい加減なのにも限度がある!」と怒りを露わにしたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中