2018年 7月 19日 (木)

H7N9型鳥インフル 台湾で初の感染確認、中国に渡航歴

印刷

   中国で感染確認が相次いでいるH7N9型の鳥インフルエンザについて、はじめて台湾での感染が確認された。

   台湾の衛生当局が2013年4月24日に発表したところによると、感染が確認されたのは53歳の男性で、中国に渡航歴がある。仕事で3月28日から中国東部の江蘇省蘇州に滞在したあと、4月9日に上海を経由して台湾に戻ったという。

   帰国後、12日に発熱し、倦怠感を訴えて16日に入院。24日に感染が確認された。

   H7N9型の鳥インフルエンザについては、これまでに109人の感染が確認され、うち22人が死亡している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中