安倍首相がトルコ首相に猪瀬知事の不適切発言を陳謝

印刷

   トルコを訪れている安倍首相は、猪瀬直樹東京都知事の発言について2013年5月3日にエルドアン・トルコ首相と会談し陳謝した。

   猪瀬都知事は20年に開催される夏季オリンピック誘致に関連し、13年4月26日のニューヨーク・タイムズに「イスラム諸国で共有されているのはアラーの神だけ。あとはケンカばかりしている」などと語ったという記事が掲載された。誘致候補のライバル、トルコに対する不適切発言だと批判されていた。安倍首相は、猪瀬都知事は発言を撤回し詫びているなどと陳謝した。エルドアン首相は笑顔で安倍首相の発言に感謝する、と応じたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中