ももクロ衣装、海外デザイナー作品に酷似 「本人了承の上作成されたもの」

印刷

   アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の衣装がウクライナ出身のデザイナーElena Slivnyak氏の作品に酷似しているとされていた問題で、キングレコードは2013年5月3日に同グループ公式サイトで釈明した。

   問題となった衣装は、アルバム「5TH DIMENSION」の初回限定盤Aタイプ(第三形態)で使用しているもので、トゲのついたマスクの形状などが似ているという指摘が相次いでいた。同社の発表によると、「Elena Slivnyak氏(IIMUAHII)のデザインを原案に、本人了承の上作成されたものです」とデザイナーの許可があったとしており、「クレジットの掲載がなかったことにより、皆様にご懸念を抱かせてしまいました。Elena Slivnyak氏及び、ファンの皆様にご心配をお掛けいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中