北朝鮮ミサイル撤去か 菅官房長官「重大な関心」

印刷

   北朝鮮が日本海側に設置していた中距離弾道ミサイル「ムスダン」の発射待機状態が解除され、発射場から撤去されたと、複数のメディアが2013年5月7日までに報じた。

   菅義偉官房長官は、7日午前の記者会見で「北朝鮮ミサイル撤去」の報道について「極めて重大な関心」を持っているとしたうえで、「政府としては、国民の生命と安全を守るべく万全の態勢を取っている」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中