2018年 9月 25日 (火)

TPP交渉は時間との闘い 7月会合参加を巡り日本政府にあせり

印刷

   環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の日本の交渉参加時期を巡り、日本政府が慌てている。既に交渉を進めている11カ国から2013年4月20日、ようやく日本の参加への承認を得たうえ、米議会でも日本参加の承認手続きが始まったものの、日本が目指していた7月の拡大交渉会合からの参加が実質的にはかなわない恐れが出てきたためだ。

   日本政府は関係各国に会合の期間延長を求めたものの、まだ正式な交渉参加国ではない日本の要請がどこまで受け入れられるかは見通せない。

冒頭からの参加は可能とみられていたが…

   TPPの7月会合は、マレーシアで7月中旬以降に開かれる方向で調整が進んでいるとされる。具体的な開催期間や開催場所については、5月15日からペルーで開催される拡大交渉会合で正式決定する見通しだ。

   TPPの交渉参加11カ国は5月と9月に拡大交渉会合を開き、10月にはアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に合わせてTPP首脳会合を開催、年内に大筋合意に至ることを目指している。ただ11カ国は日本の交渉参加などを受け、7月にも臨時的に会合を開く計画を示しており、日本は7月からの交渉参加が最短の合流機会になるとみて、各国の承認を得るための調整を急いできた。

   4月20日にはAPEC貿易相会合と同時に開かれたTPP閣僚会合で日本の参加がようやく承認され、日本政府の強い要請を受ける形で米政府は24日、議会に日本の参加を認める意向を通知。米議会では90日議論する「90日ルール」があるため、この間、日本は交渉に参加できないものの、7月23日以降にTPP会合が開かれれば冒頭からの参加は可能とみられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中